すべての旗に背いて(上)

ロビン・モナーク

竹書房文庫

マーク・T.サリヴァン / 渡辺周

2015年4月30日

竹書房

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

トルコ、イスタンブール。CIA秘密作戦チームきっての工作員ロビン・モナークは、アルカイダの極秘資料が隠されたコンピューターファイルを奪うため、あるエンジニアリング会社に侵入する。しかし、そのファイル“グリーン・フィールド”をコピーする直前に銃撃戦となり、現場は誤って爆破されてしまう。実は、この作戦には隠された目的があり、それを知ったモナークは、追求を逃れるように雲隠れする。一方、チームのボスであるスラタリーは、モナークの居場所を突き止め、グリーン・フィールドに関わる新たな作戦に、またもや引きずり込もうと暗躍し始める…。果たしてグリーン・フィールドの正体とは?アルジェリア、スイス、アルゼンチン、キプロス、ハンガリー、モルドバー世界を股にかけたモナークの活躍が始まる!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0

本の帯の「印刷されたアドレナリン」のキャッチコピー通り、元盗人のCIAエージェントが、ロシアンマフィアやチェチェンマフィアと対峙する荒唐無稽なアクション。続編が出れば、読みたいですね。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください