ムーン・ドラゴンの謀略(下)

ロビン・モナーク

竹書房文庫

マーク・T.サリヴァン / 渡辺周

2016年3月31日

竹書房

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“ニアメ号”の現場で発見されたメモから、バンコクに向かったモナークは、特殊部隊時代の戦友アーチー・ラサムと再会を果たす。ラサムから得た情報を追ってクアラルンプールの武器商人テングーにたどり着いたモナークを待っていたのは、思いもかけない人物の裏切りだった。その人物こそが、ロートン国務長官拉致の一件に関わっていたのだ。敵の必死の反撃に苦戦を強いられながらも、ついにモナークは香港犯罪組織“シン・トゥン”のボス、ムーン・ドラゴンが陰謀の首謀者だと突き止める。一方、国務長官らの処刑の期限が迫るなか、世界各国で“予言者の息子”の攻撃が次々と勃発する。果たして、ムーン・ドラゴンの真の目的とは…?ロビン・モナークと仲間たちの究極のミッションは達成されるのか!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください