とろり兄嫁(仮)

竹書房文庫

橘 真児

2019年10月7日

竹書房

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

35歳の内村義成は、入院した兄を見舞うため、妻と娘を東京に残して田舎に帰省した。一週間の滞在予定だが、これまで義成は実家に寄りつかなかった。なぜなら、兄嫁の心海は高校時代から憧れ続けた女性であり、彼女と兄の結婚にショックを受けたためであった。実家で久しぶりに会った心海は変わらず美しく、さらに義成が熱を出して寝込むと優しく看病してくれる。そんな兄嫁に対して、かつての恋心を再熱させた義成は、十数年越しの想いを果たすべく、一線を越えようとするのだが…!?哀切な情欲が弾ける禁断熟恋エロス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください