怪奇現象という名の病気

沖光 峰津

2020年8月28日

竹書房

1,540円(税込)

小説・エッセイ

精神病院で常駐警備員のアルバイトをする中田哲也。入院患者の語ることの大半は幻覚や妄想の類だが、まれに何度聞いても一貫して話の辻褄が合い、あたかも事実であるかのように突拍子もない話を語る人たちがいる。彼らは本当に心の病気なのだろうか。彼らの見たものが幻覚ではなく、怪奇現象だったとしたら?哲也は患者たちに聞き込みをはじめ、やがて自身も恐ろしい怪異に巻き込まれていく…。民話的風景に底知れぬ不気味さが漂う患者たちの追憶。第1回最恐小説大賞輝く、ノスタルジック短編連作ホラー!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください