俺は透明人間

天山文庫

胡桃沢耕史

1988年2月29日

天山出版

437円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

超売れっ子人情本作家・為永春水に執筆活動を禁ずるお上からのご沙汰。婦女子を惑わし、風俗を乱す、世俗人に好ましくないという。しかたなく一時筆を絶ち気楽な毎日を送る春水だったが、これが意外と辛い。そこで長い昼の時間潰しにと“お経”を読み始めた。ところがなんとそのお経に透明の術の記述が…!誰でも1度は透明人間になってみたいもの。苦節1年3カ月。ようやく透明薬の完成にこぎつけた春水の前に、透明人間が現われた!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください