翔んでる警視正(2)

長編痛快小説

Tenzan novels

胡桃沢耕史

1988年8月31日

天山出版

748円(税込)

小説・エッセイ / 新書

東大卒。国家公務員上級職試験に3番で合格自ら志願して警視庁捜一の警視に就任5年。この間多くの殺人犯を震え上がらせてきた岩崎白昼夢に警視正昇任の命が下り、後輩の若い警視2人を部下に従え一層強力な陣営で犯罪撲滅に立ち向うことになった。もちろん乃木圭子、吉田老刑事、武藤、進藤の猛者刑事の活躍もめざましいものがあるが、やはり天才岩崎の冷徹な推理にはかなわない。今日もまた、コンピュータ頭脳が動き出す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください