翔んでる警視正(3)

長編痛快小説

Tenzan novels

胡桃沢耕史

1989年1月31日

天山出版

748円(税込)

小説・エッセイ / 新書

東大卒。国家公務員上級職試験に三番で合格し、自ら志願して警視庁捜一に奉職、警視正に昇任した岩崎白昼夢。上司からの指令はいつも難事件ばかりだが、部下の若い二人の警視や乃木、吉田老刑事たちと桜田門の猛者を従え冷徹な推理で凶悪犯を次々と逮補、頑張る中、今度は警視正の首を賭けなければならない事件が発生した。それは潜水艦の起こした大事故を刑事事件とみなす岩崎の前代未聞ともいえる海上自衛隊への捜査だった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください