特命弁護士

天山文庫

島田一男

1990年8月31日

天山出版

469円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

弁護士の南郷は車の中の射殺死体が、依頼人の白木であることを確認した。白木は麻薬密売事件の被告人だった。地裁で被告人死亡の手続きをすまし、事務所に戻ると、この麻薬密売事件の主犯である加茂の代理人と称する古川とし子とその妹の亜矢子が待っていた。とし子は白木の加茂宛の手紙と南郷宛の手紙の中身が入れ違っているので、とりかえて欲しいという…。縄張りと麻薬密売をめぐる暴力団同士の抗争の中で南郷が暴く闇の構図。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください