殺意の旅愁

天山文庫

森村誠一

1990年10月31日

天山出版

491円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

船越が房子の死を知ったのは、彼女との旅行から帰った翌日だった。房子は『飛騨の里』で死んでいたのだ。二人は同じ会社の部長とOLである。船越は房子との関係を隠すべく、彼女とは高山で別れていたが、警察ではホテルで同宿していた同伴者に容疑をかけていた。船越は不安を募らせるが、さらに、高山での二人の写真が新聞の読者欄に載るにおよんで、容疑を晴すべく出頭した。誰が写真を撮り、なぜ新聞社へ?一途な女の愛と死の陰。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください