浪士文久報国記事

新人物文庫

永倉新八

2013年9月30日

中経出版

1,047円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

『浪士文久報国記事』は、新選組二番組頭として常に戦闘の第一戦で活躍した永倉新八が、戊辰戦争の硝煙が消えやらぬ、明治八年頃に書き記した三冊の回顧録である。後年、無数に輩出される新選組本の基本文献となった第一級の史料であることが認められながら、実物は明治期に人手に渡り行方不明となり、以後、幻の記録として語り継がれた。浪士隊の結成、芹沢鴨の暗殺、池田屋事件、甲陽鎮撫隊の敗戦から新選組の瓦解までの実戦史を、写真原版から解読した原文、詳細な解説を付した読み下し文、平易な現代語訳の三部構成で再現。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください