熱き想い

竜馬とおけい

山河光子

1999年11月15日

東洋出版

1,540円(税込)

小説・エッセイ

「あーた待って。うちはグラント将軍と二度握手したとよ。最初はあーた、二度目はうちのためば」明治17年、おけいは死の床で竜馬に問いかけていた。世界を見すえた大望のもと二人はであい、そして「明治」の出航を待たずに竜馬は逝った。激動の長崎に凛然と立つ女丈夫、大浦屋おけいの半生を歯切れよく綴る感動の一作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください