稲川淳二の怖すぎる話北側の扉が鳴る

竹書房文庫

稲川淳二

2006年6月30日

竹書房

607円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「誰かが死ぬとき、北側の扉が鳴り、花の首が折れる。」稲川の祖母が口癖のように言っていた言葉…そして、明け方に電話が鳴ったとき、何かが起こる。表題作『北側の扉が鳴る』ほか、『恐怖の現場』で稲川自身が体験した話など珠玉の15編を収録!すべて書籍初登場!!極上の恐怖が、あなたを眠れなくする…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください