自虐の詩

竹書房文庫

業田良家 / 関えり香

2007年10月31日

竹書房

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大阪・通天閣のふもと。ひなびたアパート「パンション飛田」では今日もいつもの音が響く。イサオがちゃぶ台をひっくり返す音だ。幸江が作った食事が四方八方に散らばる…。イサオは無口で乱暴者で酒飲み、その上ギャンブルに明け暮れている。一方の幸江は貧乏と不幸のデパートのような女。だが一途にイサオを愛している。そんな幸江とイサオの一風変わったふたりの愛と生活は、思いもよらぬ事態を迎え、大きな感動の物語へと向かっていく…。日本一泣ける4コマ漫画、ついに映画化。「こんなあたしでもアンタがいる!」奇跡のどん底ラブストーリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください