凍る月(灰色の衝動)

ラヴァーズ文庫

夜光花

2009年1月31日

竹書房

649円(税込)

ボーイズラブ(BL)

支配する者とされる者…。梁井轟と鳳光陽の関係は、ある「契約」によって成り立っている。その契約がなければ、お互いが死んでしまうという関係は、恋愛感情にも似て、相手に対する依存心と独占欲が日々深まっていた。特に、光陽に対する梁井の執着は激しく、常に光陽を傍におきたがるが、ある時、その梁井がひとりの少女を連れてくる。そして、光陽の前にも謎の青年が現れて…。同じ運命を背負う者に梁井と光陽は翻弄され、お互いを見失ってしまうが…。妖しくもつれ合う感情の真の支配者は誰…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

0

未読

9

読書中

0

既読

9

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2021年01月16日

凍る月 ~灰色の衝動~ (ラヴァーズ文庫)

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください