偽りの祝福は公爵のあやまち

ラズベリーブックス

ロレイン・ヒース / 旦紀子

2014年2月28日

竹書房

1,100円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

エインズリーは若くして完璧な公爵と評価されている。しかし彼の人生と心は、あの夜、崩れ去った…。親友で従兄弟のウォルフォートの妻ジェーンの懐妊がわかり、ふたりで飲み明かした日、馬車の事故でウォルフォートは歩けない身体となったうえ、子供を望めなくなった。おまけに心痛からジェーンは流産してしまう。-3年の時が過ぎても、エインズリーは親友と共に心に重い枷を背負ったままだった。そして、ある晩、ウォルフォートは彼に告げたのだ。「借りはないことにしてやる。妻に子を宿してくれれば…」と。密かにジェーンを想っていたエインズリーは、だからこそ断るが、ウォルフォートの懇願と、子供を熱望し、献身的に夫を支えるジェーンのために、頼みをきくことにする。彼の条件はひとつ、生まれた子供を夫妻が愛すること、彼女の条件もひとつ、決してキスはしないこと…。愛していることを気づかれてはいけないエインズリーと、憎んでいた相手に惹かれてしまうジェーン。切ない4週間の逢瀬の先に待つものはー?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

4

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください