さよならさえ、嘘だというのなら

スターツ出版文庫

小田真紗美

2016年6月28日

スターツ出版

605円(税込)

小説・エッセイ

颯大の高校に、美しい双子の兄妹が転校してきた。平和な田舎町ですぐに人気者になった兄の海斗と、頑なに心を閉ざした妹の凪子。颯大は偶然凪子の素顔を知り、惹かれていく。間もなく学校のウサギが殺され、さらにクラスの女子が何者かに襲われた。犯人にされそうになる凪子を颯大は必死に守ろうとするが…。悲しい運命に翻弄された、ふたりの切ない恋。その、予想外の結末は…?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

4

読書中

0

既読

7

未指定

7

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください