“世界の工場”への道

20世紀東アジアの経済発展

堀 和生 / 萩原 充

2019年5月15日

京都大学学術出版会

5,720円(税込)

ビジネス・経済・就職

少子高齢化や過疎による社会の疲弊、エネルギー多消費による環境破壊等ー現在の東アジアは成長後の特異な状況を抱えている。この状況に対峙するために、成長の特質を知る必要があろう。本書は東アジアの奇跡を単なる後進国の先進国へのキャッチアップとしてみるのではなく、工業化を中心とした独自の発展経路として描き出しその本質を探る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください