追放されたので、暗殺一家直伝の影魔法で王女の護衛はじめました! ~でも、暗殺者なのに人は殺したくありません~

ツギクルブックス 1

煙雨 / 福きつね

2021年9月10日

SBクリエイティブ

1,320円(税込)

小説・エッセイ

「暗殺者がいるとパーティにとって不利益な噂が流れるかもしれないから今日をもって追放する」今まで尽くしてきた勇者パーティーからの一方的な追放宣言に戸惑うノア。国からの資金援助を受ける橋渡し役として、一時的に仲間に加えられたことが判明した瞬間だった。途方に暮れるノアの前に幼馴染のルビアが現れ、驚きの提案が…「私の護衛をしない?」この一言によってノアの人生は一変していく。追放暗殺者が影魔法によって成り上がっていくサクセスストーリー、いま開幕!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください