社会経済システムの制度分析

マルクスとケインズを超えて

植村博恭

1998年12月31日

名古屋大学出版会

3,850円(税込)

ビジネス・経済・就職

新たなパラダイムの胎動。制度経済学、レギュラシオン理論、ポスト・ケインジアン等の成果を積極的に活用し、現代資本主義経済の可能性と多様性を解明しうる制度分析の再構築を試みる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください