風呂敷新装版

竹村昭彦

2008年2月29日

日貿出版社

3,520円(税込)

人文・思想・社会

生活様式の洋風化と共に紙袋やカバンの文化に追いやられていた「ふろしき」が復活の兆しを見せている。和風=ダサイといったイメージから脱却して、どんな形のものでも包んでしまう高い実用性、何回でも使える合理性、小紋やワンポイント模様のモダンさなどが現代社会に合致し、エコロジーの面からも見直しが叫ばれている。著者は京都の老舗「宮井」で50年に亙って風呂敷や袱紗の研究に携わり、特に街頭で風呂敷を持つ人々を撮り続けた写真には定評がある。本書はその写真186点を中心に風呂敷の歴史と変遷、運搬方法、包み方、業界史などを網羅した待望の風呂敷文化誌。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください