法服の王国(下)

小説裁判官

黒木亮

2013年7月31日

産經新聞出版

1,980円(税込)

小説・エッセイ

「きみらは、日本国憲法のことをどう思ってるんや?」国家権力からの圧力の中、ベテラン判事が後輩たちに悲痛な声で問い質す。裁判所内では歪んだ人事行政のツケで、首相私邸への偽電話事件、女性被告人との情交、当事者からの収賄といった不祥事が噴出。津崎守は、最高裁調査官、東京地裁の裁判長と順調に出世の階段を上がるが、突然、「招かれざる被告人」が姿を現す。やがて能登の日本海原発二号機訴訟が金沢地裁で一審判決の日を迎える。裁判長席に現れた村木健吾は、「世紀の判決」を言いを渡す気負いもなく、穏やかな表情だったー。戦後司法史を描く大河小説、怒涛のクライマックス!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.57

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

11

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください