闇のよぶ声

ぶんか社文庫

遠藤周作

2009年4月20日

ぶんか社

796円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

従兄三人が幸福な家庭を捨て謎の失踪。「四人目になるかもしれない」と不安にさいなまれる婚約者・樹生のために、神経科医・会沢を訪ねた圭子。その失踪の異様さに興味を持った会沢は、解決のために動き出す。三人の失踪の原因は?樹生は四人目になってしまうのか?文豪・遠藤周作が心理的探偵法を用いて心の闇を切り拓く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください