曹操注解孫子の兵法

中島悟史

1998年11月30日

ビジネス社

3,080円(税込)

人文・思想・社会

『論語』と並ぶ中国古典『孫子の兵法』は、「三国志」の英傑・曹操(魏の武帝)が自ら筆をとって注釈をつけ、部下の幹部教育の教科書としたものが原典であることはあまり知られていない。本書は、最近になって発掘された2200年前の前漢時代、オリジナル・テキストにもっとも近いとされる竹簡「銀雀山簡牘版ー孫子の兵法」にもとづき、これまでの伝統的な文学的解釈を払拭、新たに経営科学の観点をすえて、『孫子の兵法』を“兵法論”をこえた“戦略理論”の新古典として位置づけた意欲作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください