中国は嫌々ながら世界覇権を握る

副島隆彦

2023年12月19日

ビジネス社

1,870円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 人文・思想・社会

なぜ、中国政府はジャック・マー(アリババ創業者)も碧桂園社長も逮捕しないのか?西側メディアも認めざるを得ない「中国経済崩壊論」の大ウソと、「賃労働と資本の永遠の対立」を乗り越え独自の道を切り開く中国の未来像を徹底解説!国家分裂するアメリカに未来はない!台湾を静かに飲み込み、中国は世界一の大国となる!半導体敗北、低賃金、GDP4位転落の日本はディープステイトに食い尽くされる前に、今すぐアジアへ回帰せよ!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください