デリダから道元へ

〈脱構築〉と〈身心脱落〉

Fukutake books

森本和夫

1989年6月1日

ベネッセコ-ポレ-ション

1,228円(税込)

人文・思想・社会

道元の『正法眼蔵』は、日本思想史上屈指の名品として知られている。一方、デリダは、現代思想をリードする第一人者としてその名が高い。道元は、〈身心脱落〉によってあらゆる束縛を断ち、絶対的自由の境地に達した。デリダは、〈脱構築〉によって二元論的対立のヨーロッパ思想の限界を突破しようとする。13世紀日本に生まれた驚異的な思想と、現代の最先端思想の共通点を探りながら、道元によって本邦未紹介のデリダ最新思想を読み解き、デリダによって道元の普遍的思想を解読する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください