忍法忠臣蔵

時代小説文庫

山田風太郎

1990年12月31日

富士見書房

517円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「忠の一字は守らねばなりませぬ。綱太郎さま、おゆうはそう思いきめておゆるしをいただきたく参ったのです」-思わぬ許婚の言葉に大奥御広敷の伊賀者・無明綱太郎は初伽の時、おゆうを活造りにして綱吉に呈した。忠義と女を憎むようになった綱太郎の前に赤穂浪士を暗殺せんと上杉家の能登組忍者がおくられる。一方上杉家江戸家老は暗殺せずに浪士達を色道地獄に堕せと女忍者6人をつかわせた。次々と展開されるエロティックな闘い!ご存知赤穂浪士の復仇に新解釈を加えた代表作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください