くノ一忍法帖

時代小説文庫

山田風太郎

1993年9月30日

富士見書房

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「よいか、そなたら5人、ことごとく秀頼さまのお子を生んで、かならず徳川家にたたれよ」真田幸村の眼にぶきみな笑いが漂った。「ただ、秀頼さまはいたく御憔悴。蛇まといの秘法でおん腰を巻きたてまつらねば相成らぬぞ。吸壷の術を忘れるな」-翌日、大坂城は落城した。千姫の侍女の中に、豊臣家の胤を宿した者がいる事を知った家康は驚愕し、伊賀の服部半蔵を呼んだ。真田の命を受けた信濃忍者と伊賀忍者との間にすさまじい性戦が…。家康の千姫への愛、春日局の権勢欲、復讐に燃える丸橋らを背景に描かれた、極めつけの忍法帖。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください