サムライガール

明鏡止水篇

富士見ファンタジア文庫

雑賀礼史

2000年10月31日

富士見書房

506円(税込)

ライトノベル

「“明鏡止水”という言葉がある」現代の女武芸者御剣涼子は、師匠・鬼塚鉄斎からある一つの試練を与えられる。その試練は時代小説にはよくあることだが、涼子には厳しい試練ーそれは心を鍛えるというのであった。極意を掴むため、平常心を保つ努力を始める涼子。そかし、好事魔多し。涼子の修行を妨げる魔の手が迫っていた。それは草なぎ静馬。彼のレベルの低いいたずらに彼女の怒りは臨界点ぎりぎり。そこで、涼子は事態の解決を武術の強者南雲慶一郎に相談するのだが…。表題作の他に、慶一郎スーパーマン並の日常や静馬と那智の数奇な(!?)邂逅などを綴った5篇の逸話を収録。切れ味抜群、抱腹絶倒。読みごたえたっぷりのEXシリーズ第3弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください