天のほとりの愚神ども

富士見ファンタジア文庫

新城十馬

2002年7月31日

富士見書房

638円(税込)

ライトノベル

銀河帝国末期、後の世に殺戮集団として悪名を残した若者たちがいた。歴史に描かれる彼等は、皇帝に忠誠を誓い、暗殺・拷問は朝飯前の恐ろしい奴ら。だが、その実態はー。銃を構えた革命家たちに囲まれていながら、そっちのけで珍問答を始めるようなうつけ者たちなのだった。「阿呆たれ!アルロン、何やってんだ」「ベレズ先輩、僕は自分の故郷を悪く言われたら怒ることにしてるんです」「全然、怒ってるように見えねーよ」「怒ってますよ、ほらこんなに」「見えねえよ」自分が信じるもののために生きた男たちの不器用な生き様を、時に可笑しく時に哀しく描き出す、ボケツッコミ青春グラフィティ、ここに登場。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください