風の聖痕(2)

富士見ファンタジア文庫

山門敬弘

2002年7月31日

富士見書房

616円(税込)

ライトノベル

「あ…あああああああああああっ!!」袂に隠し持っていた短刀を抜き放つと、女は男の胸に飛び込んでいったー。宴の席で八神和麻を襲ったのは、神凪家の末席に名を連ねる大神家の娘・操。先の風牙衆との戦いで兄と弟を失った操は、和麻を仇として命を狙ったのだ。襲撃は未遂に終わり、何事もなかったように宴は再開されたが、神凪綾乃は、不思議でならなかった。和麻が命を狙われながらも、操を生かしていることに。不可解な和麻の態度に、綾乃の心は何故か激しく揺れ動く。和麻と操の過去に何があったのか!?すべてが謎のまま操が失踪し、事態は最悪の状況に進展していく。魂が叫ぶハイパー・エレメント・アクション。絶好調のシリーズ第2弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください