気象精霊ぷらくてぃか(1)

富士見ファンタジア文庫

清水文化

2003年8月31日

富士見書房

616円(税込)

ライトノベル

少女は風の中に佇んでいた。光り輝く綿帽子が、宙に舞い広がっていく、踊るように…歌うように…。空気が頬を優しくなでる。生命がここから始まっていくーその瞬間だ。「気象精霊になりたいっ」少女は瞳を輝かせながら、つよく心に思う。気象を操り、命を愛で、育て、そしてその息吹を感じていたい。そのための一歩を踏み出すのだ。今ここから。多くの精霊たちが目指す狭き門「気象精霊」になるための学府の門を少女ーミリィは、今たたく。決意を胸に!すてっぷ・あっぷファンタジー第一弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください