烙印よ、刃に囁け。

Scar/edge

富士見ファンタジア文庫

三田誠

2004年11月25日

富士見書房

638円(税込)

ライトノベル

黒い、手袋。まるで手錠のような黒い手袋を少年はしていた。「キミ…は…」ちひろは茫然と呟いた。世界が赤い。血に塗れ、日常はとうに崩壊している。そこに、ちひろの憧れた、黒い手袋の少年が立っていたー。『魂』の実在が証明され、人類の大半が「烙印」を刻まれた未来。女子高生、緋原・ちひろ・ランカスターは、烙印局の捜査官・キズナと出会う。彼は、〈烙印〉の副作用である特殊能力“傷”の持ち主、そしてちひろが幼い頃から忘れられない人だった。一方キズナは、死んだはずの姉・未冬が生きていること、そして彼女が烙印システムに関わりがあることを知り…。心の“傷”が力になる!ネオ・サイコ・アクション登場。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください