気象精霊ぷらくてぃか(4)

富士見ファンタジア文庫

清水文化

2005年7月31日

富士見書房

616円(税込)

ライトノベル

「あれ…!?頭がぼ〜っと…」森の中でミリィが突然倒れた。「熱ぅ〜!なによぉ、この熱ぅ!?」駆け寄ったユメミは、泣き出しそうな表情を浮かべる。-自分がいじめたからだ。ミリィを大雨の中に追い出したからだ。原因不明の高熱に倒れるミリィーそれは、恐ろしい病のはじまりだった。気象精霊を目指して修行中のミリィとユメミ。二人の友情が試される事件の結末とは!?時に反発し合い、そして時に距離を縮めながら、幼い二人は一歩一歩を確実に歩んでいく。すてっぷ・あっぷ・ファンタジー第四弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください