その本、禁忌の扉に通ず

戒書封殺記

富士見ファンタジア文庫

十月ユウ

2006年9月30日

富士見書房

616円(税込)

ライトノベル

なぜ、この本が“戒書”なんだろう?異界司書見習い楠本綴は、月詠読破から手渡された“戒書”リストの中にその書名を見つけたとき、疑問を抱いた。それは、有名な『F』という怪奇小説だったからだー。“戒書”とは人が触れてはならない禁断の書物。それに関わる様々なトラブルを解決するのが異界司書であり、「学園最強の図書部長」の異名を持つ月詠読破もその異界司書の一人だ。ある日、下校途中の読破が怪人に襲われる。しかし、これが『F』に連なる事件だとは、綴はもとより、読破でさえも、まだ気づいていなかった…。悦楽のビブリオ・アクション、第三弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください