烙印よ、絆を宿せ。

Scar/edge4

富士見ファンタジア文庫

三田誠

2007年3月25日

富士見書房

638円(税込)

ライトノベル

烙印システムを作り上げた科学者集団“名もなき七人”。そのリーダー格“灰色脳”の正体は、死んだはずの、ちひろの母だった。“灰色脳”は特殊能力を使い、愛娘ちひろの魂に滑り込む。海上要塞を占拠した彼女は、あるものを待っていた…。一方、満身創痍のキズナは、海上要塞への侵入準備をしていた。パートナーは、カラとカッサンドラ。かつてチームを組んだ、最強の“傷持ち”3人。だが、予言能力を持つカッサンドラは、キズナとちひろの“死”を見たと言い…。『孤独』を欠落した少年が最後に手にしたものとは?魂の物語、感動の最終巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください