煉くんの受難

富士見ファンタジア文庫

山門敬弘

2007年3月31日

富士見書房

572円(税込)

ライトノベル

「ほ、本当にここに入るの?」古びた洋館を間近に見上げ、神凪煉は呟いた。少女のように可愛らしい顔が過度の緊張に強張っている。最強と謳われる炎術師の一族・神凪宗家の末っ子が、放課後連れてこられたのは、近所で噂の“幽霊屋敷”。まぎれもなくその洋館は本物の幽霊屋敷だったが、煉の目下の悩みはそこではなく、問題は彼をここへ引っ張ってきた二人のクラスメイト、鈴原花音と芹沢達也なのだった。顔をつきあわす度に、何故か喧嘩を始める二人は、今日も煉を前に派手なバトルを始めるが、-突然現れた狼男が、煉に襲いかかった!可憐な弟属性全開の神凪煉を巡る、奇妙な恋愛模様(?)が花咲く、エレメンタル・ファンタジー、短編集第3弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください