閃光戦隊ジュエルスターズ(4)

富士見ファンタジア文庫

秋津透

1992年5月31日

富士見書房

501円(税込)

ライトノベル

IKAIYO日本支部の幹部、甲州屋は崑崙八卦拳封じの秘策を求めて、甲州屋一族の秘境にやってきた。なんやかんやと騒動を起こしながらも、秘策を手に入れた甲州屋はジュエル・ルビーこと赤雉志穂に罠を掛け、まんまと崑崙八卦拳を封じてしまったのだ。その上、結果的にではあるが葵が甲州屋の罠に一役かってしまったのである。このままでは悪の秘密結社IKAIYOに日本は蹂躙されてしまう。闘え、われらが閃光戦隊ジュエルスターズ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください