星空のエピタフ(上)

妖怪寺縁起

富士見ファンタジア文庫

冴木忍

1992年12月31日

富士見書房

506円(税込)

ライトノベル

秩父市街地のはずれにある小さな山寺。人はそこを「妖怪寺」と呼ぶ…。「まったく、いくら妖怪寺だからってあんまりじゃねぇか?」妖怪寺の住職の孫、望月蔵人は突然、寺の御本尊に襲いかかられた。その目は赤く燃え、敵意や憎悪が見てとれた。しかし、蔵人には憎まれる覚えがまったくなかったのだ。御本尊はただの仏像とは思えぬ俊敏な動きを見せ蔵人に迫る。そして、中から〈鬼〉のミイラが現われたー。なぜ御本尊の中に〈鬼〉のミイラが。〈鬼〉の正体とはいったい…。かくして、蔵人と〈鬼〉との壮絶な闘いが幕を開けた。月刊ドラゴンマガジン誌上で大好評を得たファンタスティック伝奇アクション、遂に文庫で登場。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください