星空のエピタフ(下)

妖怪寺縁起

富士見ファンタジア文庫

冴木忍

1993年3月31日

富士見書房

528円(税込)

ライトノベル

「我々は同じ一族だ」謎の言葉を残し〈彼〉は去った。敵だと思っていた〈鬼〉、そして〈彼〉が蔵人と同じ一族?いくら自分が妖怪寺の住職の孫とはいえ、そんな話は聞いていない。蔵人の胸中に複雑な思いがよぎる。そんな時、〈輪〉を破壊しようとした和馬めがけ、〈輪〉から怪光線が迸った。彼を庇った仁巳は大怪我を負ってしまう。〈輪〉とはやはり〈鬼〉の武器なのか?蔵人達の行手に巨大な謎が立ち塞がるー。傷を負った仁巳を残し、蔵人、多輝、和馬の三人は、〈輪〉に導かれ四国へと向った。すべての謎が、いま解き明かされようとしていた…。好評のファンタスティック伝奇ニューウェーブ「星空のエピタフ」、いよいよ佳境へ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください