巨人たちの挽歌

鉄甲巨兵some-line special

富士見ファンタジア文庫

吉岡平

1993年4月30日

富士見書房

501円(税込)

ライトノベル

ある日、秋葉原博士は、共に飯田橋博士からロボット工学を学んだ香港の頭脳、ピーター・ウォン教授に合うため、香港にでかけた。やはりというかなんというか、秋葉原博士がウォン教授と再会したまさにその時、地上げ獣が襲ってきた。秋葉原博士にくっついてきたライナー・チームはSOME-LINEで出撃。地上げ獣を倒すが、香港の半分を壊滅状態にしてしまった。ウォン教授はカナダで中華料理店を経営している双子の兄を頼ってカナダに向かうが、何を考えたか秋葉原博士がくっついてきてしまったのだ。ライナー・チームを引き連れて…。はたして、ライナー・チームはこの調子で世界の観光地を破壊し尽くすのか?人気ロボットアクション小説の新作ついに登場。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください