百星聖戦紀(8)

富士見ファンタジア文庫

ひかわ玲子

1999年7月31日

富士見書房

572円(税込)

ライトノベル

ルヴィラードは動揺していた。かつて彼とともに「イルディガルの双頭の鷹」と称されたアクアレード・フォデスト将軍が、都に戻ったというのだ。バルデアル公の陰謀によって、最愛の妹フェリアナと、その婚約者にして親友のアクアレードを失ったルヴィラード。さらには、宮廷を追われ、彼が身を寄せているロイエーヌの砦に、イルディガル皇国軍が迫っているという。強い友情に結ばれながらも、今は敵同士となった、2つの“星”-。だが、ここにまた強い力を持つひとつの“星”が合流しようとしていた。ゴード・ジマー将軍。彼もまたルーンガルド帝国から追われ、イルディガルへ亡明してきているという。星は運命に導かれ、そして群星となる。激動の時代を生きる英雄たちの物語、いよいよ急展開。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください