ぼくと彼女に降る夜(フェイクマスター?虚夢を語る者)

富士見ファンタジア文庫

八街歩

2008年2月29日

富士見書房

638円(税込)

ライトノベル

あちら側の存在である魔乖術師。それがこちら側へと顕在化するとき必然的に世界はゆがむ。ゆがみは弱い者を呑みこみ…。そこに待つのは死だけだ。そんなこと俺は理解していた。理解していたはずだったー。清夢騎人は魔宴に身を置きながら、学校に通い続けた。ある日の放課後、ナイトは幻惑を得意とする『偽』の魔乖術師と遭遇する。魔宴は魔乖術師がすべてを懸けて争うルールなき戦い。当然、何の力も持たないナイトの友人は格好の標的になりー。加速するマジカル・ファンタジー。幻と現実との境界が明らかになるとき、その先に待つものとは。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください