天を決する大団円(下)

封仙娘娘追宝録11

富士見ファンタジア文庫

ろくごまるに

2009年2月28日

富士見書房

748円(税込)

ライトノベル

かくして梨乱の手により、殷雷刀は打ち直された。爆煙が消え、現れた姿はたしかに殷雷だが…。彼は、髪の毛や肌はもちろん、着ている服からも色が抜け落ち、白銀に輝いていた!「すっぽんぽんで復活!じゃないんだね。服も真鋼製だったんだ。どうりで破れても、知らない間に元に戻るわけだ」相変わらず場の空気が読めない感じで、頭に浮かんだ言葉をすぐ声にする静嵐。そんな静嵐に殷雷が襲いかかった!やはり殷雷の復活は完全ではなかったのか!?そして、龍華に焼かれ墜落していった和穂の運命は!?すべての謎がいま明らかに!異色の中華風異世界ファンタジー・シリーズ、ついに完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください