いつか天魔の黒ウサギ(6)

富士見ファンタジア文庫

鏡貴也

2010年5月31日

富士見書房

704円(税込)

小説・エッセイ / ライトノベル / 文庫

好きな子がいたはずなのに、それを忘れてしまった。「…だから俺は、壊れたのかな」暗闇の中で、そう、“鉄大兎”は呟く。“軍”による実験の結果、暴走する大兎。彼は黒いウサギの囁くまま、“預言”実現のために、破壊を撒き散らしていく…。一方、月光やヒメアたちは、大兎を救うべく、ついに“軍”の内部に深く関わることになる。大兎、ヒメア、遙、月光ー複雑に絡み合うそれぞれの運命と願い、そして呪われた真実。それでも誰もが、希望を諦めきれない学園リバース・ファンタジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

3

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください