白夢(4)

富士見ファンタジア文庫

瀬尾つかさ

2010年7月31日

富士見書房

726円(税込)

ライトノベル

雲の壁に包まれ、閉ざされた東京。この中に、きっと雪姫はいる。僕と神楽は雪姫を助けるために、東京へと乗り込んだ。壁を突破できたのは、操霧量百万以上の霧使いである僕たちだけ…。真相を追って共について来たかすみが、僕たちに追る危機を告げる。「そう遠くない未来に、この東京は、異界と同化するでしょう」街中では、“はぐれ”たちが徘徊し、人々を襲っている。いったい誰が、この非常事態を引き起こしたのだろう。これも、白雲山での一連の事件の真犯人の仕業なんだろうか?真犯人を追っていった雪姫。今度は、僕たちが彼女を助けるー。学園ミスティック・ファンタジー、クライマックス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください