ニート吸血鬼、江藤さん(1)

富士見ファンタジア文庫

鈴木大輔

2011年4月30日

富士見書房

638円(税込)

ライトノベル

ウチには動物が多い。大半は俺、宇童竜之介がつい情にほだされて拾ってきたヤツら。面倒を毎日みていれば、懐いてくるし、そうなればどんな動物でも大抵は可愛く思えてくる。「りゅうのすけ〜どこじゃ〜?後生じゃ。早う来てくりゃれ〜」とはいえ世の中、例外はいつだってある。可愛くもなければ、俺が拾ってきたわけでもないが、とびきり珍しくてやたらと手のかかる動物が一匹、つい先日からウチに住み着いちまった。そいつは金髪の美少女だが、自らを吸血鬼とかぬかし、だけど自分ではなーんにもできないザンネンなガキ、通称・江藤だった。俺と江藤の、奇妙な夏休みが始まったー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください