ダブルクロス(03)

富士見ファンタジア文庫

矢野俊策

2011年7月31日

富士見書房

704円(税込)

ライトノベル

見事な体躯の男だった。180センチを優に超える身長に鍛え上げられた筋肉。日に焼けた肌は初老にさしかかった年齢をまったく感じさせない。伝説のUGNエージェント立科一誠。陽菜の師匠にして育ての親だ。不思議な愛嬌のある笑顔で、二人を迎える一誠。だが自分を見つめる目に妙な雰囲気を玖郎は感じる。それは娘の相棒に向けた厳しさとは違う、敵を観察する冷徹な視線だった…。最悪のレネゲイド“輪廻の獣”を体に宿す玖郎の本人すら気づかない変化に、最高のプロフェッショナルは何を見たのか?最高の味方にして、最強の敵が玖郎の前に立ちふさがる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください