屍天使学院は水没せり

浪漫探偵・朱月宵三郎

富士見ミステリー文庫

新城十馬

2001年3月31日

富士見書房

594円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「朱月宵三郎と憶えていただければ、すこぶる有り難い」浪漫探偵を名乗るアヤシイ青年は、恭しくもそういったー。由緒正しき女学院、聖クラリッサ学院に通う少女・真夜。謎の白い巨猿に襲われかけた彼女を救ったのは、猿より現実離れした青年・宵三郎だった。彼がいたのは、なんと本の中。とある小説に封印されていた宵三郎はそこから抜け出した怪人「夕闇男爵」を追って甦ったというのだ。荒唐無稽なその話を、笑い飛ばす真夜。だが、あろうことか彼女の元に「夕闇男爵」からの犯行予告が届いた!「いったいどうなってるの!?」真夜を巻き込み、摩訶不思議な怪事件は始まった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください