Gosick(6)

富士見ミステリー文庫

桜庭一樹

2006年12月15日

富士見書房

594円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「帰りたい」と少年は強く願った。「一緒に」と少女は強く思った。今、二人にとって、故郷と呼べるところは、二人が出会ったあの学園ー聖マルグリット学園でしかなかったから。そう、無事にあそこまで戻ろうと、ヴィクトリカも一弥も手に手を取り合う。“ベルゼブブの頭蓋”と呼ばれる修道院から辛くも脱出した二人は、豪華列車“オールド・マスカレード号”に乗り込む。しかし、そこには自らを“死者”“木こり”“孤児”“公妃”と仮の姿で名乗る奇妙な乗客たちが。そして、列車内で起こる殺人事件。列車は、弾丸のように闇を貫き走り続ける。まるで、地獄の先へと向かうようにー。一弥はヴィクトリカは、無事学園までたどり着けるのか?ゴシック・ミステリー第六弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

11

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください