いつも君を見ていた

Hanaoto novels

池戸裕子

1996年5月5日

芳文社

939円(税込)

小説・エッセイ / 新書

高校二年の夏休み、工藤友貴は出会って一瞬の後、江口忍に心を奪われた。互いの想いに気づいた彼等は、大学生になって初体験に挑むが、失敗する。友貴は、体の関係は徐々に創り上げていこうと思い、あえて急がなかった。しかし忍は、年上の幼馴染み蓮見達彦の手管にかかり、彼と関係してしまう…。表題作に続編『いつでもPureで』と書き下ろし番外編、それに商業誌未発表作品を加えた、珠玉の愛の作品集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください